プラントの施工管理の仕事とは?メリットとデメリットについて解説!


建設工事に欠かせない「施工管理」

「プラント」は生産設備のことを指し、食品工場やセメント工場のような産業系のプラントや発電所などの化学系のプラント、浄水場や下水処理場のような環境系などの種類があります。施工管理の中でもプラントの施工管理は、工事のスケジュール管理や安全管理、現場の作業の進展の監督や役所へ提出する書類の作成など、幅広い知識やスキルが求められる仕事です。

プラントの施工管理のメリットとは?

プラントの施工管理は複数の設備を管理するため、電気工事や溶接工事など幅広い作業内容を把握している必要があります。そのため各分野において専門的な知識を持つ高い能力が求められ、他の一般的な施工管理と比較すると高い収入が期待できます。また、日常生活を支える工場の施工管理を行うことは、社会貢献にも繋がり「やりがい」を感じられる仕事です。プラントの施工管理は、新しく建設されるプラントだけとは限りません。既存のプラントは、定期的に点検や修理を施す「定修工事」が実施されるため、プラントがある限り景気に左右されることなく安定的な仕事が見込まれることもメリットと言えるでしょう。

プラントの施工管理のデメリットとは?

施工管理の仕事は、幅広い業務をこなさなければならず、特に定修時には忙しくなりがちです。工事が終了するまでは、休日出勤や勤務時間が長くなる場合も考えられます。また、工事が安全に完了するまでの責任とプレッシャーも大きく、現場と工場との板挟みになるケースなどストレスになる場面が多いこともデメリットと言えます。

工場設備一式のことをプラントと呼び、その企画から工事、管理などの業務を行うことをプラントエンジニアリングといいます